×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルマダスタイルh2の特徴

アルマダスタイルh2

アルマダスタイルh2のハイドロキノンはアルマダスタイルC-7の後に使用しますが、なぜアルマダスタイルC-7の後に使用するのでしょう。

シミ、くすみ、美白に活躍してくれるハイドロキノンですが実はお肌に浸透しづらいのです。

刺激の強い成分と言われていますので浸透力はありそうに思えますがアルマダスタイルC-7の後に使用して浸透力を高めているのです。

しかし、このアルマダスタイルh2はアルマダスタイルC-7の力を借りなくてもナノカプセルに包み込んだハイドロキノンですので浸透力は高いと言えます。

ハイドロキノンの濃度

浸透力を高めようとハイドロキノンの濃度を上げてしまうと危険です。

具体的にはハイドロキノンの濃度が5%以上になると刺激性や皮膚炎などトラブルが増える可能性も高くなります。

反対にハイドロキノンの濃度が低い。例えば1%〜2%などは危険性が少ない濃度と言えますが効果が低いのが欠点です。

多くの皮膚科で処方される濃度は2%〜5%ですので、ハイドロキノンの適切な濃度は2%〜5%といえますね。

アルマダスタイルC-7のハイドロキノンの濃度もは1.9%です。しかし、効果は4%。お肌に優しいのに効果が高いと言えますね。

ハイドロキノンで評判のある商品

商品ページ

アルマダスタイルh2

アルマダスタイルh2と同様の1.9%で効果は4%のハイドロキノンはビーグレン皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen

皮膚への刺激をなくしたのが「新安定型ハイドロキノン」アンプルール美白トライアルセット

美白のクリームのアルマダスタイルh2ハイドロキノン。アルマダスタイルC-7の後に使用。お顔だけでなく全身に使用可能なので意外と用途が多いです。日本の薬事法が改正され、ハイドロキノンを化粧品に配合することが可能になリましたが、化粧品のハイドロキノンの効果はどうでしょうか?シミ、くすみ、美白に活躍してくれる成分ですが気になるのが安全性とその効果。敏感なお肌の方ほど刺激の強い成分は気になりますし、お肌に浸透しづらいハイドロキノンがほんとうに浸透してくれるのかは大事です。世の中色々なコスメにハイドロキノンが含有されてありますが濃度だけを重視したもので日々問題なく安全で使用できるか。低刺激、浸透、効果どれもが納得できなくてはいけません。アルマダスタイルh2の特徴はナノカプセルに包み込んだハイドロキノンこれらの問題を見事にクリアーしていると評価できます。

Copyright © アルマダスタイルh2 All rights reserved